陶芸家 十一代 大樋長左衛門(年雄)ブログ

  Ceramic Artist 11th Ohi Chozaemon(Toshio) Blog



2020(令和2年)

■祖父の思い出/Grandfather's memory

2020.04.06


 


 今朝、母方の祖父との夢を見た。夢では、私はまだ小さな子供だった。
 金沢の郊外、河北市宇ノ気町。
 夕刻に、亡くなった母が生まれた実家に行ってみた。
 祖父が開業医として住んだ大きな屋敷や庭は、今は更地となって土蔵だけが残っている。
 私を含めてたくさんの孫が集まったお盆や正月。夕陽を見ると涙ぐむ自分がいた。
 3月は、ドバイ、スリランカ、ブラジルへの渡航予定があり、本来なら今晩遅くに金沢に戻る予定だった。
 全てがキャンセル。ほとんどの時間を金沢の工房で過ごしできた。
 どこも行かなくて良かった。

 I had grandfather's dream of a mother's side this morning. I was still a small child by a dream.
 Suburb in Kanazawa and Kahoku-city Unoke-machi.
 I went to my grandfather house where my past mother was born in the evening.
 The big residence and garden where my grandfather lived as a practitioner will be a vacant lot now,
 and only a warehouse is left.
 The Lantern Festival and the New Year's when a lot of grandchilds gathered including me.

 When the sunset was seen, some reason I was cried.
 In March, to Dubai, Sri Lanka and Brazil,
 I planned to take a trip and I planned to return to Kanazawa late this evening primarily.
 Everything cancels it. I could spend most time at my studio in Kanazawa.
 It was better I did not go anywhere.

■親子三代/3 generations

2020.03.29


 


ある雑誌取材の一コマ
長男31歳、私61歳、父92歳。
元気でいて、分かり合えていて、そして皆んな現役。
永遠に続いてほしい。

Sean One of magazine coverage.
31 years old of eldest son,61 years old of meI, 92 years old of my father.

We can be here vigorously and understand each other, and everyone is activity.

We want following eternity.

■森星さん/With Fashion Model Mori Akari

2020.03.22


 


 友人を連れてくるからと長男に言われた。
 そして、森星さんはじめ4人の若い女性達が一生懸命に作陶にチャレンジした。
 それぞれにアーティストマインドがあるからか、面白い作品が出来上がった。
 夏にまたやってくるそうだ。

 My friend, you said to eldest son because it was collected.
 My son just told me that he took his friends to my studio.
 And 4 young females including Ms. Mori Akari challenged to make ceramics.
 They challenged seriously with artist mind so they could make many interesting works.t
 All girls said that they come again in summer.

■小松美羽さん/With Pinter Komatsu Miwa

2020.03.19


 


 彼女とは、所属するギャラリーも同じである縁もあって、東京、軽井沢などで
 何度かお会いしてきたが、今回は我家を訪れてくれた。
 我家の茶室「芳土庵」で茶を喫した直後だった。
 芳名録に描いた絵は、大樋美術館で見た歴代作品からのインスピレーションによるもので、
 亀と獅子が合体したものだった。
 彼女のpaintingは、世界で高い評価を得ている。彼女の更なる活躍が楽しみだ。

 We are sharing the same gallery contact therefore could meet in Tokyo or Karuizawa.
 Finally she visited me to Kanazawa.
 It was just after she had tea in the tea room Hodoan in my home.
 She started painting for visitors book.
 Her inspiration from the successive my generations work seen at Ohi Museum.
 Painting was a turtle and a lion were united.
 Her painting gets high evaluation in the world.
 It's pleasant for her further achievement.

■仕事場にも春がやってきた/Spring has come

2020.03.12


 

 春の花が咲きはじめた。
 ドバイ、スリランカ、ブラジルへの仕事、国内での3箇所の講演、全てがキャンセル。
 毎日、工房で制作に没頭している。
 コロナウィルスで世界が大混乱している。
 2月のハンガリー・ペーチでの個展や大学でのワークショップが奇跡のようでもあり、
 遠い過去のようにも思えてしまう。
 皆が喜ぶ春よ、早く来い!

 A flower in spring has begun to bloom.
 Work to Dubai, Sri Lanka and Brazil, 3 lectures in Japan almost everything were canceled.
 It's immersed in making at studio every day.
 The world is in chaos by coronavirus.
 An exhibition at Hungary Pécs in February and a workshop at there university also seem to be miracle,
 and it also feeling like the far past.
 It's the spring everyone appreciates, come early!

■2020年 雑誌「なごみ」 3月号/-

2020.02.28


 

 P62-P65
 空中信楽茶碗はタイムカプセル
 Honami Kucyu Shigaraki style tea bowl is a time capsule.


 江戸時代、京都と金沢にいた偉大なアーティストであった本阿弥光悦と孫の本阿弥光甫(空中)
 大樋美術館が所蔵する空中信楽茶碗 銘「加賀空中」、根津美術館が所蔵する空中信楽茶碗 銘「武蔵野」とを検証してみた。
 是非、お読み下さい。

 Honami Koetsu ang his grandson Honami Koho (Kucyu) were great artist in the Edo Period at Kyoto
 and Kanazawa.
 There was companion of Kucyu Shigaraki style tea bowl in the Ohi museum known as
 Kaga-Kucyu and Nezu Museum as known as Musashino.
 I think it is one of good articles. Please read it.

■(令和2年・Reiwa 2 years)/-

2020.02.22


 


 今日は全て2が揃う日。
 昨日は学生と一緒に窯での焼成。
 今日は茶道の実演と体験。
 裏千家ハンガリー協会、そしてコーネリア・コンターさんの協力を得た。
 夜は関係者との夕食会。
 いい学生達と素晴らしい講師陣。
 思い出深い日々だった。

 The day when all today has complete set of 2.
 Yesterday, with a student, firing by a kiln.
 Today,It's experienced with a demonstration of a tea ceremony.
 It became possible to join with Urasenke Hungary association and specially by Mrs.Kornia Rajzo Kontor
 Night is a dinner party with the person concerned.
 Good students and wonderful faculties here.
 It will be all my memories.

■ハンガリー・ペーチでの個展/Exhibition

2020.02.20


 


 ハンガリー ペーチ市中心部にあるニックギャラリーでの個展が始まった。
 昨年10月のブタペスト展からの巡回展となった。
 レセプションは、パバ ズウルト・ペーチ市市長、ピーター ホパル 国会議員(文化省副大臣)の挨拶を頂き、
 200名を超える人々が集まってくれた。
 そして、金沢から同行している百瀬玲亜さんも素晴らしい漆の作品を発表し、高い評価を得ることができた。

 An exhibition at the Nick gallery at center of Pécs city has started.
 It was a tour exhibition from Budapest in October 2019.
 A reception received a greeting of Pécs city mayor Páva Zsol, Congressman Péter Hoppál
 (Department for Culture, Media and Sport vice minister) and people beyond 200 people gathered.
 And Ms. Momose Reia accompanying from Kanazawa releases wonderful lacquer works and gets high evaluation.

■個展の準備完了/Completion of preparations of an exhibition

2020.02.19


 


 ペーチ大学での制作は順調に進んでいる。
 明日からのペーチでの個展の準備を終えて、ブタペストへ3時間の移動。
 夜はハンガリー大使公邸に招かれている。
 明日昼、ブタペストからペーチに戻り、夜は展覧会のオープニングレセプション。
 同行している百瀬玲亜さんも作品を飾る。

 I am making my works at Pécs university.
 The movement which finishes preparations of exhibition in Pécs from tomorrow, and it's 3 hours to Budapest from Pécs .
 It's invited to Japanese Ambassador official residence at Hungary in the evening.
 The opening reception night will return to Pécs from Budapest at noon tomorrow,.
 and by which it's an exhibition. Miss Reia accompanying shows her works, also.

■ハンガリー・ペーチ大学/Pécs university,Hunguly

2020.02.18


 


 ペーチは歴史、文化のある街で、この大学には世界からの学生が集まっている。
 昨日からワークショップと講演を行いながら制作開始。
 金沢から同行している百瀬玲亜さんも公開制作をおこなった。

 Pécs is historical cultured city.
 Here Pécs university has a lot of students from the world gather in this institution.
 I begin to make works while lecturing with a workshop from yesterday.
 Miss Momose Reia accompanying from Kanazawa had a workshop, too.

■ハンガリー/Hungry

2020.02.15


 


 昨年からの日本とハンガリー修好150年を記念した個展がペーチ大学にて巡回します。
 同時にアーチェストレジデンスとして公開制作、そして講演も行います。
 漆芸家 百瀬玲亜さんも同行して制作と展覧会を行います。若い優秀な作家をお預かりするので、責任重大です。
 とりあえず行って来ます!

 I am going for workshop, lectures and exhibition with young talent artist at University of Pécs.
 It is kind of heavy responsibility but also good opportunity for both of us.

■九つの音色―Reflection トークイベント/Reflection Talk event

2020.02.14


 


 登 壇 者 宮田亮平(ナビゲーター)
 佐伯守美 須田賢司 田口義明 大樋年雄
 (敬称は略させて頂きました)

 十年ぶりの響きあい「九つの音色-Reflection-」

 9人の作家ではじまった九つの音色。20年前にそれぞれの道を目指している作家が集まり、国内外で展覧会をした。
 そして出版した本も5冊にのぼる。
 結成時の20年前、活動を休止した10年前の日本の工芸を振り返りながら未来を予測しあった有意義なパネルとなった。
 今、代表は文化庁長官、そして日本芸術院会員、重要無形文化財などにもなったメンバーもいる。
 代表が100歳になるのは25年後、日本の100歳を超えた人口は38万人となっている。
 それまで、元気に回を重ねあって互いが高め合うことを誓った。

■2年目の金沢大学授業/The Kanazawa University class of the 22nd year

2020.02.06


 


 金沢大学での外国人留学生を対象に行う今年度の授業を終えた。
 この授業は全て英語で行うので、留学を希望する日本人学生も参加している。
 茶道体験と金沢の歴史、茶碗を制作(手捻り、削り、施釉)、そして焼成。6月になると彼らの展覧会も行われる。
 毎年5回の授業を22年間繰り返してきた。おそらく金沢大学では最も長く続く講座だと思う。
 それぞれの学生が、それぞれの作品を手にして、世界中に戻っていく。
 その作品には金沢の記憶が内蔵されているのだから。

 This fiscal year's tuition who does targeted for the foreigner student studying abroad
 at Kanazawa University has been finished.
 This class is everything in English, so the Japanese student who hopes for studying abroad participates, too.
 A tea ceremony experience, Kanazawa's history, tea bowl and other objects tried to make.
 Their exhibition will be also performed in June.
 The class of 5 times every year has been repeated for 22 years.
 Perhaps Kanazawa University thinks my lecture which continues most lengthily.
 The respective students are returning to all over the world with the respective works in the hand.
 It'll be that Kanazawa's memory is had by the work built-in.

■金沢市工芸市場開拓事業/Kanazawa cultivation business market of arts and crafts (KOGEI)

2020.01.30


 
 20200129 北國新聞朝刊

 
 20200130 北國新聞朝刊


 金沢市からの依頼で、漆芸家 百瀬玲亜さんがハンガリーへ私と同行することになった。彼女は、
 金沢美大では二人の世界最高の教授から漆を学び、金沢卯辰山工芸工房を修了、若干32才だが有望な工芸家だ。

 2月15日から24日までハンガリー外務省からの依頼で、私はハンガリー・ペーチ大学において、
 個展、ワークショップ、講演を行うことになっている。
 個展は、昨年10月にブタペストでの個展が巡回して開催される。

 この一連の活動に彼女も参加する。これからの彼女の作家活動を皆で見守っていこうと思っている。

 By request from Kanazawa City, lacquer artist Rei Momose,will go to Hungary with me.

 Lacquer is learned from 2 world respect professors of the Kanazawa College of Art and mastered at
 Kanazawa Utatsuyama crafts center. she's just 32 years old but she's a promising KOGEI artist.

 I'm going to do an exhibition, a workshop and a lecture in Hungary Pécs
 University by request
 from the Hungarian Ministry of Foreign Affairs from February 15 to the 24th.
 An exhibition in Budapest made its rounds in October of last year, and that exhibition is held.

 She participates in this a sequence of activity, too. I think I'll watch her future artist activity with everyone.

■九つの音色のレセプション/Reception for the group for the Nine by Harmony

2020.01.25



 


 2001年、9人の作家が集まり活動が始まった。
 東京、福岡、北京、ソウル、様々な場所での展覧会をしながら、5冊もの本を出版した。その活動期間を10年として幕を一度閉じた。
 今日、発足して20年が過ぎ、そして10年ぶりに皆が集まった。まるでグループサウンズの再結成のようでもあった。
 その間、九つの音色のメンバーは、文化庁長官、日本藝術院会員、重要無形文化財保持者、
 そして様々な重責を担う作家となっている。私はAKBのような総選挙ともなれば、
 9人の中のランキングでは9番目だと思う。今日、再びそのことを実感した。
 けれども、そんなメンバーの仲間でいれることは有難いことでもある。それを励みとして精進するつもりだ。
 関係者方々、私を応援してくださっている方々にもお集まりいただき、感謝の気持ちに絶えない。
 https://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g2-2001/

 9 artists gather and started in 2001, and activity has started. 5 kind of books were published
 while holding an exhibition at Tokyo, Fukuoka, Beijing, Seoul and various places. The active period,
 we have ended once as 10 years.
 Everyone gathered today started since 20 years passed and gathered in 10 years after.
 It also seemed to be re-formation of a group sounds.
 Meanwhile members became the Agency for Cultural Affairs chief,
 a member of Japan Art Academy and an important intangible cultural asset holder
 and carries various heavy responsibility for a member of nine by harmony.
 When it's also a general election like AKB,
 I think I will be the 9th by a rank in 9 members. The thing was realized again today.
 However it's also that I'm appreciated by such member's company.
 I'll devote myself encouraged by that.
 The persons supporting the members and my friends attended tonight.
 Thank you for the people and thank you all.

 私の出品作:発見した小惑星 麗凛-Raku Marin
       Found Asteroid-MARIN
       50.5cm×47.5cm×43cmH
   場 所:LIXIL Gallery
       〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-18
       東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
   休館日:水曜日

2020年 雑誌「なごみ」の連載Serialization of a magazine of Nagomi

2020.01.25



 


 今年1月から連載することになった私のエッセイ。

 日本文化には、たくさんの中国から移入され、それを高めたものが多くある。
 その日本文化、今の中国からはどのように見えるのかだろうか?
 現代アートの視点で日本の工芸や茶盌はどのようなものなのか?

 私なりの考えを書いている。
 日本の工芸に興味がない人もきっと読んでもらえると思う。

 1月号
 窯変天目茶盌は美しくない?

 2月号
 「馬蝗絆」茶盌はアウトレットな修復品?

 中国人には、最上級ではなかったこれらの茶盌を日本人が高めていったエピソードを書いています。

 My essay serialized from January of this year.

 Our Japanese culture is deeply influenced by Chinese culture but it was not only imported.
 We created own culture for a long time.

 The question how is seen from China of the Japanese culture now?

 What Japanese arts and crafts looks from the contemporary art?

 The idea in just my way is being written.
 I think a person uninterested in Japanese arts and crafts can have them read surely, too.

 January issue
 Isn't kiln strange Tenmoku tea bowl beautiful?

 February issue
 Bakouhan tea bowl is an outlet?

 I am writing the episode from China and Japan with my perspective idea.

■裏千家千玄室大宗匠の慶事/Urasenke 15th Hounsai

2020.01.20



 


 これまでの貢献で、数えきれない名誉をこれまで受けて来られた。
 今回は、フランス政府からのレジオン・ドヌール勲章を叙勲された。
 フランス大使公邸での授賞式には、福田赳夫康夫元内閣総理大臣、フランス、日本の政府関係者、
 そして裏千家御宗家並びに、支える老分などが出席された。
 間も無く97歳となられる大宗匠。
 大使が功績を述べられる長い間も、微動たりもしない直立不動のお姿に、感無量となったのは私だけではないと思う。
 この時間の記憶をしっかりと私の脳裏に焼き付けておきたい。

 Happy event of Urasenke Great Tea Master 15th Dr.Sen Genshitsu Dr. Sen could receive
 the honor he can't finish counting up to now and come by the former contribution.
 He decorated register on from the French government and de commander de la Le’gion d’honneur this time.
 Former Prime Minister Fukuda Yasuo, administration official in France and Japan and Urasenke families head
 support attended an awards ceremony at a French ambassador official residence.
 The great master who becomes 97 years old soon.
 An ambassador can tell achievements quite long time but he was a full of emotion in the form
 standing at attention.
 I also think it was not easy but all people was admired from this emotion.
 I'd like to keep this memory on my mind tightly.

■令和二年/Reiwa 2 Years

2020.01.01




 


 ここは、裏千家四代仙叟居士、そして大樋焼歴代、母も娘も眠る寺。
 静寂の境内で心を清める。
 浮かんだこと
 「他人を侮ることなく清く正しく生きたい」
 般若心経の意味は深い。私はまだ初心者。
 色不異空、空不異色、色即是空、空即是色
 今年は「空」を考えてみたいと思う。
 皆様にとって良い年となりますように!
 これからもよろしくお願い申し上げます。

 Here is the 5th of Urasenke Senso, Ohi generations, my mother and my daughter are sleeping in this the temple.
 A heart is purified at a silent precinct.
 The thing which floated
 “I'd like to live right purely without despising others”
 The Heart Sutra has a deep meaning. I, still, beginner.
 The color non-different sky is empty, non-uniquely, the color, immediately,
 Zekuu and illusion of the reality of matter.
 I'd like to consider this meaning for this year.
 As I wish all my friends get good time for this new year. I deeply appreciate your continued support.